太陽光発電マニュアル

安く設置できれば、コスト回収も早く最終的にはお得に使える太陽光発電、余剰電力は買取をしてもらえる

太陽光発電のコストは下降気味、需要は右肩上がりの傾向

太陽光発電や風力発電は、再生可能エネルギーと呼ばれています。

海外では、いち早く導入され、固定買取り制度などを通して、安全で公害のリスクの少ない電力の供給方法として、長く使われてきました。

太陽光発電では、発電のための初期設備を整えるのにコストがかかり、ランニングコストも経費がかかります。

そのため、ある程度コストをかけて、それがどの程度の周期で回収できるかを考える必要があります。

太陽光発電の達人(URL:http://www.angusthongsmovie.com/)の言うには、どんどん需要が広がって、設置価格は下降傾向にあり、単価が下がっても最終的にはプラスになる太陽光発電は、地震などの天災があって停電になってしまうリスクも軽減され、余剰電力を買取ってもらえるというのも、人気の秘密になっているようです。

2003年4月から、太陽光発電の売電価格は、それまでの42円から10kw未満の家庭用だと、1kWhあたり38円に、メガソーラーなどの10kW以上の事業用は37.8円に引き下げになっています。

安くなってしまって残念と感じる人もいますが、実際はシステムの価格自体が下がっていて、バランスで考えるとお得になるということで、太陽光を設置する人は増加傾向にあります。